糸貫柿振興会(JAぎふ)

ミス富有柿4人認定/特産柿と産地PRに活躍/マル糸柿振興会

マル糸柿振興会では特産の柿をPRする「ミス富有柿」の認定式を、JAぎふ糸貫流通センターで10月13日に開き、多数の応募の中から4人が選ばれました。
これからピークを迎える「富有柿」の出荷に合わせ、県農業フェスティバルやイオン試食販売、本巣市内で開かれるイベントなどでPRや販売促進などに参加。富有柿と産地の認知度アップを目指します。
ミス富有柿には、本巣市在住または市内に勤務する4人が選ばれました。この取り組みは、1989年から始まっており、任期は2年です。

認定式には、2019年よりデザインを一新した制服を着用した4人が出席。マル糸柿振興会の松尾委員長から認定証を手渡され、マル糸柿振興会の役員からは、「富有柿」産地の歴史と消費宣伝に対する想いが伝えられました。

ミス富有柿

ミス富有柿に選ばれた4人