糸貫柿振興会
富有柿のご注文
柿通信
イベント情報
過去ニュース
富有柿豆知識
収穫から出荷まで
柿レシピ
本巣音頭
特定商取引法
リンク
お問合せ
糸貫柿振興会
わが岐阜県は富有柿の産地です 糸貫柿振興会「富有柿・おふくろ柿の販売・柿情報」
柿通信

10月22日に富有柿の目揃会を実施しました。

委員長、全農、市場より話がありその後、富有柿の規格を300人超の生産者が参加しています。

選課長から具体的な説明があり、富有柿の本番に向けよい柿を出荷するという生産者意欲の現われかと思います。

10月1日に早生富有柿の目揃会を実施いたしました。

9月21日に岐阜県の早秋柿研修会が実施されました。

早秋の様子(10月1日)です。カラーチャートで6.0が収穫の目安という事で、まだまだ赤くなってからの収穫予定です。

独立行政法人 果樹研究チームのホームページより早秋柿の特徴について抜粋しました。

整理番号:6

樹種名:カキ

機関の分類:(独)農業・生物系特定産業技術研究機構果樹研究所

品種名:早秋 Soshu (そうしゅう) (系統名:安芸津13号)

命名登録

  登録番号:かき農林9号

  登録年月日:2000年10月25日

品種登録

  登録番号:第11115号

  登録年月日:2003年3月17日

品種登録者:独立行政法人農業技術研究機構

交雑年:1988年

交雑組み合わせ:伊豆(いず) × 109-27

品種説明:

「西村早生」とほぼ同時期に成熟する早生の完全甘ガキである。果形は扁平でやや果形が乱れやすい。果実重は250g程度である。肉質はやや軟らかく緻密であり、果汁が多く食味は良好である。糖度は14〜15%である。早生品種としては日持ち性が良く、育成地では13日程度日持ちする。へたすき果の発生はほとんどない。汚損果はやや発生するが、育成地ではほとんど条紋よるものである。樹勢は中程度で樹姿は開張である。雄花は着生しない。雌花の開花期は「伊豆」はほぼ同時期である。雌花の着生は多い。完全甘ガキであり、夏秋期の気温の高い地域に適応し、一般に「松本早生富有」、「富有」、「次郎」、「前川次郎」栽培地域で栽培できる。東北地方南部、北陸地方、高冷地などでは、渋残りが生じることがある。早期落果がやや多い傾向があるので、受粉樹の混植や人工受粉など種子形成を促す管理をするとともに、二次伸長した新梢は炭そ病に罹病しやすいため、適正な防除を行うことが必要である。

育成担当者:果樹試験場・カキ・ブドウ支場(山田正彦、山田弘康、佐藤明彦、平川信之、岩波宏、吉永勝一、小澤俊治、中島育子)

1.山田正彦、山田弘康、佐藤明彦、平川信之、岩波宏、吉永勝一、小澤俊治、中島育子.カキ新品種‘早秋’.園芸学会雑誌70巻別冊1:99.

主要研究成果:

データ提供者所属・氏名:果樹研究所・ブドウ・カキ研究部 山田正彦

連絡先(E-mail Address):TEL 0846-45-4740 xx145112@naro.affrc.go.jp(果樹研究所)

画像

データ入力年月日:2001年12月4日

太陽をたっぷり浴びた富有柿シーズン到来 お買い求めはこちら!